浮気された妻による再構築日記

夫の浮気発覚後の再構築を目指しつつ、人生をドロップアウトしないための日記

急降下

 いつも通り夫と一緒に散歩に行きました。

その際、結構近くに見えるけど、実際は遠い主要駅に行きたいねぇ、でも雨が降ったら電車で行くことになるし、距離が辛いね、というと

夫「俺も鍛えてた頃なら自転車で行こうって言えるけど、君の今の体力も心配だしね。今度同僚と行ってくるスポーツも、場所は遠いけど、鍛えている頃なら自転車で行けたからなぁ」

 

何気ない一言でした。

それでも、私のとって、夫の自転車にはまった時期や、それゆえに遠出をしたがり、実際は浮気にも使われた。それが一気に頭をよぎり、その場で話しました。

「今その事思い出して胃がぐっと辛くなった…」

夫「…すまん」

何とか帰宅したけど、お風呂に入っている間シャワーの音でごまかしながら嗚咽し、入浴後子供達が部屋に上がった頃、下に降りて1人で本を読んでた夫に泣きつきました。

 

かなり落ち着いていた気分が、一気に不安にあふれ、それでも同僚と行くスポーツには行って欲しい。私が乗り越えたい壁でもあるし、元々夫が言い出したスポーツのお誘いだったので、かなり待たせた感じになっていることもある。

 

この自分の気分の浮き沈みを何とかコントロールできるようになりたい。

 

丁度数日後に心療内科の診察があるので、現在の状態等説明して今後の診療方針を変更してもらおうと思います。

 

 

 

あと、浮気された事自体は大きな傷跡になって残ってはいるけど、日々夫が私への信頼を再構築するために行動してくれている事、私自身もっと辛い過去を耐えてきた日々があったからこそ、突発的に襲い掛かる不安や悲しみはあるけど、詳細な記憶が薄れていっています。

これは自己防衛の一環として、辛い気持ちを和らげる方法でもあるし、私自身そうやって心を守ってきた習性だと思います。

 

その代わり、実は相貌認知力が人一番弱い為、人間に対しての見間違えや氏名を思い出せないと言った弊害はあります。

浮気されたことからの逃げでもあるかもしれません。

再構築を選んだ時点で、その逃げは自己防衛としてやむ得ない事だし、夫自身が反省してサポートしているので良いと思います。

よく、浮気した夫が逆切れして喧嘩になる状態はあるでしょう。

お互い腹を割ってしっかり話し合いをしていれば防げていたかもしれない浮気だったかもしれないでしょう。

妻側に反省する部分もあるかもしれません。でも一線を越えたのは夫であり、そこは妻が後押しをしたと考えるのではなく、言い訳が通ると思い違いした夫の罪です。

普通に家庭を維持している妻が反省する部分はほとんどありません。

あるとするなら、ちゃんと話し合って、最悪第三者を間に挟んでも公平にお互いが(割合は違えど)反省し、今後のために繰り返させない、繰り返さないと心に誓えば良いと思います。

 

 

 

 

浮気された時どうしたら良いのか、辛い気持ちや再構築など色々悩んだのに、参考になるサイトになかなか出会えず、1人で抱え込んで苦しい思いをしました。

当ブログがそんな方々に少しでも救いになる記事を書けていたら、ランキングにご協力お願いいたします。


夫婦再構築ランキング

恋愛・結婚(離婚)ランキング